杉並区阿佐ヶ谷の婦人科 あおきウィメンズクリニック|妊婦健診 子宮がん検診 風しん予防接種 低用量ピル 生理痛 生理不順 女性医師 荻窪 高円寺からも好アクセス

杉並区阿佐ヶ谷の婦人科 あおきウィメンズクリニック

電話番号:03-5305-3535

子宮内膜症ってどんな病気?

20~30代の女性に増えている「子宮内膜症」という病気ですが、名前は聞いたことはあるけれど、実際はどんな病気なのか知らない方も多いのではないでしょうか?子宮内膜症は、月経のある成人女性の10人に1人がかかると言われているほど身近な病気になってきています。

まずは病気に対する正しい知識を持ち、疑われる症状が出た場合でもできるだけ冷静に対処できるようにしておきましょう。

子宮内膜症は、子宮以外で起きる病気です

子宮内膜とは、通常子宮の内側にあり、妊娠時に受精卵が着床するベッドのような役割を果たしています。
着床しなかった場合、子宮内膜は血液とともに月経という形で体外に排出され、子宮内部には新しい子宮内膜が作られます。

ところが、諸説ありますが、本来であれば月経で体外に排出されるはずの子宮内膜が、体外に排出されずに卵管を通って体内の子宮以外の場所に逆流してしまうことがあります。そうして卵巣や腸など、子宮の外で定着してしまった子宮内膜が、その場所で増殖や剥離または臓器と癒着し痛みや炎症を引き起こすのが子宮内膜症です。つまり子宮内膜症とは、子宮以外の場所で起きる病気なのです。

子宮内膜症の2大症状は疼痛(生理痛・慢性下腹部痛、排便痛、性交時痛)と不妊です。
また卵巣チョコレートのう腫(卵巣にできた子宮内膜症)からの卵巣がん発生が指摘されており、年齢大きさにて対応が変わります。

まずはお気軽にご相談ください

子宮内膜症の患者様は、生理痛は病気ではないという長年の誤った認識のもと、我慢してしまうことが多いのです。
生理痛の25%は子宮内膜症によるもの、とも言われています。
子宮内膜症は放置すると将来の不妊の原因ともなりますので、生理痛のつらい方は、ぜひ一度ご自分の健康状態を検査しておくことをお勧めいたします。まずはお薬、の治療から始めることができます。

当クリニックでは、医師を含め全てのスタッフが女性です。
男性の目が気になり受診に抵抗がある方でも、安心してご来院ください。

問診票ダウンロード

婦人科
症状から探す
病名から探す
がん検診・ピル・ドック
妊婦健診
妊婦健診
風しん予防接種
妊娠生活での注意点
産後の乳腺炎
生理妊娠の基礎知識
生理のしくみ
妊娠しやすい日
ピルって何?
避妊について